Quote
"「将来は国際的な仕事がしたいです!」→自衛隊いけ
「将来は世界の貧しい地域の人たちを支援したいです!」→自衛隊いけ
「将来は人の役に立ちたいです!」→自衛隊いけ
「将来は大切な人を守りたいです」→自衛隊いけ
「常に自分の限界に挑戦したいです」→自衛隊いけ"

Twitter / @HTshamuneko

自衛隊員募集のコピーに使えるな

(via mcafee-x6)

(元記事: 46187 (pechiyonから))

Quote
"アニメの粗筋をそのまま歌詞にしたような壊滅的センス大好き"

「六畳間の侵略者!?」のOPってアニソンって感じでいいよな (via kanabow)

(uturigiから)

Quote
"

飯田:海外流出は、実は日本人はほとんどしないと思います。なぜならば、日本の金持ちって、まず医者と弁護士なんです。

―― …ドメスティックっぽいですね。

飯田:そう、そして地場産業の経営者。

―― 超ドメということですね。

飯田:そう、海外に出てその能力を発揮して稼ぐ、ということがなかなか厳しい。医師免許は国際免許も取れるけれど、挑戦する人がどれくらいいるか。弁護士、地場産業はまあ、いわずもがなです。

―― 地元に根ざしていることが大きなメリットになっている方たちということですか。なるほど、海外に出るのは大変そうだ。

"

『21世紀の資本論』って、何が新しいの?:日経ビジネスオンライン (via mikke)

(uturigiから)

Photo
fd0:

違和波くみん on Twitter: “画像探してたら昔のビデオの予約画面が出てきて吹く でもこれほんの10年前なんだぜ・・・ ・・・え、もう10年前なの? http://t.co/8qq0EJNniU”
Quote
"最近、とてもおいしい和食を食べる機会があった。

その和食は、「すごく手間がかかっている」のではなく、ぱっと見には「あまり手間がかかっていない」ように見える。

しかし、ものすごくおいしいのだ。まず、良い素材が選ばれている。そして、それを処理したり、味付けする「加減」がじつに精妙なのだ。その「加減」の選択、「それでいい」という判断は、きわめて高度なセンスのもとにおこなわれている。

料理に限らず、音楽でも、映画でも、デザインでも、なんでもそうだと思うのだが、いいものというのは「やりすぎ」がない。いいものを作れる人というのは、「何をやるべきか」をわかっている以上に、「何をすべきでないか」をわかっている。

何かをしないという判断は、決して無知なのではなく、「それをすべきでない」という知恵・センスに裏打ちされていることが多い。「それをやると、台無しになる」ことがわかっているのだ。

いいものを作れる人、いわゆる「達人」は、すべきことだけをやり、すべきでないことはしない。その高度なセンスや判断力は、「手を加える」部分という以上に、「手を加えない」部分に発揮されている。"

「手を加えない」という高度な判断 - モジログ (via mcsgsym)

(uturigiから)

Quote
"勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何をしたいか分からない。"

Twitter / @takeshimeigen: 勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何 … (via kojiroby)

(uturigiから)

Photo
sukekyo:

づけざけさんはTwitterを使っています: “「救出」 http://t.co/OkYx6hiNLo”
Photo
poochin:

Daily Picdump #1188
Photo

(元記事: tvcm (zbptから))

Photoset

Why do I make things that depress me? /saddestsceneever

(元記事: oshiokiyo (sivamuramaiから))